Monday, August 17, 2015

Group Facilitation Seminar in Hamburg, Germany


Deep Democracy in Action
Awareness Based Group Facilitation and Conflict Resolution
Dec. 5th and 6th


Have you ever gotten tired of dealing with divisions in a group?
Have you ever felt that conflict in a group inhibited collaboration efforts?
Have you ever felt hopeless about getting a group to work together on its goals?

Group facilitators and change agents tend to feel that it’s their responsibility to create change in a group setting and to find a solution for whatever problem is at hand. This feeling of responsibility can create a tremendous pressure and in some cases can even lead to burnout in the facilitator. Process Work, a cutting-edge approach to group facilitation, offers an alternative by suggesting that change and solutions are inherent within the group itself, and that the facilitator’s job is not making change occur but noticing and forwarding the change that is already emerging. This awareness-based approach ultimately doesn’t require power or struggle from the facilitator.

At the foundation of Process Work group facilitation is a concept and a feeling attitude called deep democracy, which is the perspective that all aspects of ourselves and all perspectives in a group are equally important and they are all needed in order to co-create sustainable solutions. A Process Work facilitator therefore values facts and conscious goals, but also brings attention to background dreams and feelings, because these subtler aspects often hold a important key to the solution. Yet raising such awareness is not always easy, because we are all trained to notice particular phenomena and ignore others. We literally need to retrain our awareness to develop the ability to “sniff out” changes and solutions as they emerge organically from the group.

This seminar offers participants an opportunity to learn about the philosophy of deep democracy and to learn highly practical and applicable skills based on deep democracy theories. In a community atmosphere, participants will practice this new awareness and skill set.

Expected Outcomes:
Participants can expect to:

· Learn the philosophy of Deep Democracy and cultivate its attitude.
· Develop a new type of awareness that views changes and solutions as inherent within a given group. · Learn some of the basic skills of Process Work group facilitation.
· Learn how to apply these new attitudes and skills to their work and everyday situations.

Learning Activities:
The seminar includes both intellectual and experiential learning. So in addition to presentations and discussion, there will be experiential exercises designed for individuals, small groups, and the whole group. There will be an opportunity for participants to present case studies and discuss how deep democracy attitudes and skills can be applied.

Who Should Come:
This seminar is suitable for anyone who wishes to improve their facilitation skills in their personal and professional lives. Prior knowledge of Process Work or group facilitation is a plus, however it is not required to attend this workshop.

Venue: Rutschbahn11A, in the backyard building, 20146 Hamburg, Germany.

Price: 250 / 300 / 350 € (depending on personal possibilities)

Registration and more information: http://deepdemocracy.weebly.com/#register or contact us via email: deepdemocracyinaction@gmail.com

http://deepdemocracy.weebly.com/

Saturday, November 19, 2011

ワークショップ「怠け者のためのプロセスワーク」12月17日、18日

プロセスワークの根底にあるのは、起こっていることの中に知恵が包有されているという信念です。プロセス指向のセラピストやファシリテーターは問題に対する答えを知っていたり、変化を起こしたりする必要はありません。起こっていることを信頼し従って行くことで、自然に変化が生まれ解決法が現れてくるからです。究極のプロセスワーカーは働いているようには見えず、プロセスと楽しく戯れているように見えるでしょう。自分は怠け者であると思っていたら、プロセスワークはあなたにぴったりの方法かもしれません。

このワークショップではシャーマニズムや禅の知恵を借りて、起こっていることの背後にあるより大いなる知性を信頼し、それとつながることを学んでいきます。そうすると「正しい介入をしなければ」「助けてあげなければ」というプレッシャーから自由になり 、セラピーやファシリテーションが「働くこと」でなく、楽しく創造的な活動になるでしょう。またファシリテーターとしてだけでなく、日常生活にプロセスワークを活かしていくことを探っていきたいと思います。プロセスワーク初心者の方も、経験者の方も歓迎いたします。

以下のようなトピックを予定しています(変更の可能性あり)

* 初心ースキルや知識を手放す
* 愚か者になる
* 未知の知恵、シャーマンの勇気
* 隠れた才能を見つける
* セラピーやファシリテーションにおける創造性

以下のような方にお勧めです
* プロセスワークを楽しく、楽に学びたい
* セラピー、ファシリテーションを創造的なものにしたい
* プロセスワークのシャーマン的な側面をもっと体験したい
* セラピスト、ファシリテーターとしての新しいスタイルを見つけたい
* 日常の中でもプロセスワークを活かしていきたい

日時:12月17日(土)、18日(日) 午前10時〜午後5時
場所:都内 (申し込み時にお知らせ致します)
参加費:25,000円(一日、13,000円)
    当日のお支払いになります。
お問合せ、お申し込み:藤崎まで直接お願いいたします。
   ayakofujisaki@gmail.com
参加人数:6〜20名

講師:藤崎亜矢子:認定プロセスワーカー、プロセスワーク・インスティチュート教員、メリルハースト大学講師。日本の大学病院で臨床心理士として働いていたが、アメリカで行われたワールドワーク参加し衝撃を受ける。個人の幸せは世界の問題と密接に結びついており、個人のワークだけでは限界があると実感し、米国オレゴン州ポートランドにてプロセスワークを学び、2004年に認定プロセスワーカーとなる。日本とアメリカを中心に、南アジア、ヨーロッパでもワークショップを行っている。

* このワークショップは医療やカウンセリング、治療に替わるものではありません。現在、精神科、心療内科、カウンセリングなどを受けられている方は担当の先生とご相談の上、参加することをお勧めします。